2.禁煙と卒煙

「禁煙」と「卒煙」って何なんでしょう?
世間では、「タバコをやめる」=「禁煙」となっていることが多いですね。
「禁煙」は「煙を禁止する」、「卒煙」は「煙を卒業する」とでも言いましょうか。
要するに、

禁煙:「タバコを吸いたいのを我慢しながら」タバコを吸わない生活を送ること

卒煙:「タバコを吸いたいという気持ちから完全に開放されて」タバコを吸わない生活を送ること

この解釈からすると、私が8年間してきたことは「禁煙」という行為で、その禁煙を経て最終的に「卒煙」したことになります。
ちょっとややこしいかもしれませんが、これが結構大事なんです。
同じ「タバコをやめる」でも、中身が全然違いますから。

「禁煙」と「卒煙」は、「タバコを吸わない」という点では同じですが、「禁煙」は、タバコを吸ってはいないけれど結局のところタバコに縛られている状態なのです。
タバコを吸うのをやめるという行為の始まりは「禁煙」で、その「禁煙」を経て「卒煙」に辿り着くのです。
「禁煙」の期間は、短い人もいれば長い人もいますが、どちらにしても、「禁煙」が成功して「卒煙」となります。

最終点は「禁煙」ではありません、「卒煙」です!

スポンサードリンク